コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省察録[マルクス・アウレリウス] せいさつろくマルクス・アウレリウスTōn eis heauton biblia

1件 の用語解説(省察録[マルクス・アウレリウス]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省察録[マルクス・アウレリウス]
せいさつろくマルクス・アウレリウス
Tōn eis heauton biblia

『自省録』ともいう。 12巻。ストアの学徒としてローマ皇帝の地位についたマルクス・アウレリウスは,元奴隷であったストアの哲人エピクテトスの戒めを心に銘じつつ,心の底まで皇帝となりきらぬよう常にみずからを顧み,ローマにあるときも,ゲルマン人を討つべく出陣したその陣営にあるときも,自戒の言葉をギリシア語で綴り続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone