真剣(読み)シンケン

デジタル大辞泉の解説

しん‐けん【真剣】

[名]本物の刀剣。木刀や竹刀(しない)に対していう。
[形動][文][ナリ]まじめに物事に対するさま。本気で物事に取り組むさま。「将来を真剣に考える」「真剣なまなざし」
[派生]しんけんさ[名]しんけんみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけん【真剣】

( 名 )
(木刀や竹刀しないでなく)本物の刀。 「 -で立ち合う」
( 形動 ) [文] ナリ 
一生懸命に物事をするさま。本気であるさま。 「 -に取り組む」 「 -な態度」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐けん【真剣】

〘名〙
① ほんものの刀剣。本身(ほんみ)。木刀(ぼくとう)、竹刀(しない)などに対していう語。
浮世草子・武道伝来記(1687)三「真剣(シンケン)では、拙者得いたすまいとおぼすか」 〔通典注〕
② (形動) 本気であること。まじめであること。また、そのさま。
※浮世草子・好色敗毒散(1703)三「山吹色の真剣(シンケン)の商ひ」
※歌舞伎・敵討天下茶屋聚(1832)二「これから真剣(シンケン)でお話しを」
③ (形動) 真実であること。うそ、いつわりでないこと。また、そのさま。
洒落本・睟のすじ書(1794)壱貫目つかひ「『ヱヱうそじゃ』『しんけん』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真剣の関連情報