コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真境名安興 まじきな あんこう

2件 の用語解説(真境名安興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真境名安興 まじきな-あんこう

1875-1933 明治-昭和時代前期の沖縄研究者。
尚泰(しょうたい)王28年5月20日生まれ。琉球新報記者,沖縄県庁勤務などをへて,大正14年県立沖縄図書館長。歴史,芸能,民俗,産業等を幅ひろく研究し,「沖縄一千年史」「沖縄現代史」などをあらわした。伊波普猷(いは-ふゆう)は沖縄中学時代からの友人。昭和8年12月28日死去。59歳。琉球出身。号は笑古。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真境名安興
まじきなあんこう
(1875―1933)

沖縄研究者。笑古(しょうこ)と号した。明治8年5月20日、沖縄の首里(しゅり)の士族家に生まれる。旧制沖縄中学に学んだあと新聞記者、吏員となり、1925年(大正14)2代目の県立沖縄図書館長となった。かたわら文化・学術団体を主宰し、後進の指導にあたったが、昭和8年12月28日、業なかばにして死去した。博覧強記を誇った研究者で、その仕事は歴史を中心に文学、芸能、民俗、産業など多方面に及んでいる。真価をいかんなく発揮した代表的な著作は『沖縄一千年史』(1923)で、戦前における沖縄研究の記念碑的な著作である。多くの論文、遺稿を残しているが、その仕事の全貌(ぜんぼう)はいまだ集成されていない。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の真境名安興の言及

【沖縄学】より

… 第2の段階は沖縄出身研究者が登場する1920年代半ばごろまでの時期である。のちに〈沖縄学のご三家〉と呼ばれる伊波普猷(いはふゆう),真境名安興(まじきなあんこう)(1875‐1933),東恩納寛惇(ひがしおんなかんじゆん)(1882‐1963)がそれぞれの研究成果を世に問い注目された。伊波の《古琉球》(1911),真境名の《沖縄一千年史》(1923),東恩納の《大日本地名辞書》続編二・琉球(1909)は研究を担う主体として沖縄出身研究者が出現したことを示して画期的な意義をもった。…

※「真境名安興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

真境名安興の関連キーワード沢村宗十郎晩年伊豆の踊子丹下左膳ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone