コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東恩納寛惇 ひがしおんな かんじゅん

2件 の用語解説(東恩納寛惇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東恩納寛惇 ひがしおんな-かんじゅん

1882-1963 大正-昭和時代の歴史学者。
明治15年10月14日生まれ。東京府立高(現都立大),拓殖大などの教授を歴任。沖縄史を実証的に研究。初期の沖縄返還運動に参加した。琉球新報社に東恩納寛惇賞がある。昭和38年1月24日死去。81歳。沖縄県出身。東京帝大卒。著作に「黎明(れいめい)期の海外交通史」「南島風土記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東恩納寛惇
ひがしおんなかんじゅん
(1882―1963)

沖縄歴史研究者。明治15年10月14日那覇に生まれる。第五高等学校を経て東京帝国大学で史学を専攻。東京府立高等学校都立大学の前身)、拓殖大学などの教授を歴任する。1933年(昭和8)から1年間、東京府の在外研究員として東南アジア諸国、中国を歴訪し、アユタヤ(タイ)の日本人町跡の発掘に貢献した。実証主義歴史学の立場にたつ優れた業績を沖縄歴史の研究に残しており、『黎明(れいめい)期の海外交通史』(1941)、『南島風土記(ふどき)』(1950)はいまなお声価が高い。『六諭衍義(りくゆえんぎ)』の研究、琉球(りゅうきゅう)の人名や通貨に関する研究など多彩な仕事があり、また随筆家、書家としても知られている。昭和38年1月24日死去。[高良倉吉]
『琉球新報社編『東恩納寛惇全集』10巻・別巻1(1978~93・第一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東恩納寛惇の言及

【沖縄学】より

… 第2の段階は沖縄出身研究者が登場する1920年代半ばごろまでの時期である。のちに〈沖縄学のご三家〉と呼ばれる伊波普猷(いはふゆう),真境名安興(まじきなあんこう)(1875‐1933),東恩納寛惇(ひがしおんなかんじゆん)(1882‐1963)がそれぞれの研究成果を世に問い注目された。伊波の《古琉球》(1911),真境名の《沖縄一千年史》(1923),東恩納の《大日本地名辞書》続編二・琉球(1909)は研究を担う主体として沖縄出身研究者が出現したことを示して画期的な意義をもった。…

※「東恩納寛惇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東恩納寛惇の関連キーワード松尾巌前史日本大正村比嘉春潮荒井恵板沢武雄佐藤行哉塩田忠左衛門田中万逸塚原伊勢松

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東恩納寛惇の関連情報