コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真清水蔵六(初代) ましみず ぞうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真清水蔵六(初代) ましみず-ぞうろく

1822-1877 江戸後期-明治時代の陶工。
文政5年11月生まれ。山城(京都府)乙訓(おとくに)郡の庄屋清水源右衛門の3男。3代和気亀亭(わけ-きてい)にまなび,天保(てんぽう)14年京都五条坂に窯をひらく。妙法院宮教仁親王より真清水の姓をあたえられ,11代千宗室に茶をまなび,宗缶の号をえた。青磁,染め付けを得意とした。明治10年6月16日死去。56歳。幼名は太三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真清水蔵六(初代)

没年:明治10.6.12(1877)
生年:文政5(1822)
幕末明治期の京都の陶家。山城国(京都府)乙訓郡久我村の庄屋清水源右衛門の3男。五条坂の陶家和気亀亭に入門。天保14(1843)年独立し五条坂に開窯,名を蔵六と改め,のちに妙法院宮より真清水の姓を受ける。中国,朝鮮の古陶を研究,明治初年には外国博覧会にも出品,色絵金襴手・青磁・染付などを作り,茶器を得意とした。 2代蔵六(1861~1936)は初代の長男として生まれ,幼名は寿太郎。父初代蔵六,母チカから陶技を学び,明治15(1882)年蔵六を襲名。国内各地を巡るほか,22年には中国,43年には朝鮮半島に渡って古陶の調査を行った。大正6(1917)年には山科西野山に窯を移し,泥中庵とも号した。青磁・染付・三島手などに優れ,古陶磁研究に造詣が深く『陶寄』『蔵六漫筆古陶録』などの著書がある。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

真清水蔵六(初代)の関連キーワード小山 冨士夫真清水蔵六明治時代陶工

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android