コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真清水蔵六(初代) ましみず ぞうろく

2件 の用語解説(真清水蔵六(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真清水蔵六(初代) ましみず-ぞうろく

1822-1877 江戸後期-明治時代の陶工。
文政5年11月生まれ。山城(京都府)乙訓(おとくに)郡の庄屋清水源右衛門の3男。3代和気亀亭(わけ-きてい)にまなび,天保(てんぽう)14年京都五条坂に窯をひらく。妙法院宮教仁親王より真清水の姓をあたえられ,11代千宗室に茶をまなび,宗缶の号をえた。青磁,染め付けを得意とした。明治10年6月16日死去。56歳。幼名は太三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

真清水蔵六(初代)

没年:明治10.6.12(1877)
生年:文政5(1822)
幕末明治期の京都の陶家。山城国(京都府)乙訓郡久我村の庄屋清水源右衛門の3男。五条坂の陶家和気亀亭に入門。天保14(1843)年独立し五条坂に開窯,名を蔵六と改め,のちに妙法院宮より真清水の姓を受ける。中国,朝鮮の古陶を研究,明治初年には外国博覧会にも出品,色絵・金襴手・青磁・染付などを作り,茶器を得意とした。 2代蔵六(1861~1936)は初代の長男として生まれ,幼名は寿太郎。父初代蔵六,母チカから陶技を学び,明治15(1882)年蔵六を襲名。国内各地を巡るほか,22年には中国,43年には朝鮮半島に渡って古陶の調査を行った。大正6(1917)年には山科西野山に窯を移し,泥中庵とも号した。青磁・染付・三島手などに優れ,古陶磁研究に造詣が深く『陶寄』『蔵六漫筆古陶録』などの著書がある。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真清水蔵六(初代)の関連キーワード京都市立芸術大学粟田栗栖野秋田稲人入江道仙碓井小三郎喜多川孝経島本徳次郎角田隆松林長兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone