コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真清水蔵六 ましみず ぞうろく

2件 の用語解説(真清水蔵六の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

真清水蔵六

幕末・明治の京焼の陶工。京都生。幼名は太三郎・太兵衛。叔父の和気亀亭に陶法を学び、のち五条坂に開窯した。千宗室が孝明天皇へ献茶を行なうにあたり茶器を作り、宗岳の号を贈られた。明治10年(1877)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真清水蔵六
ましみずぞうろく
(1822―1877)

江戸末期から明治の京都の陶工。初代。山城(やましろ)国(京都府)に生まれ、清水太三郎(たさぶろう)と称した。13歳のとき、陶法を和気亀亭(わけきてい)に学び、16歳で青磁を焼いて衆目を集めた。当時の陶業界の時流にのって中国、朝鮮、ベトナムなどの東洋古陶磁の陶技を習得し、1843年(天保14)京都五条坂に開窯して真清水蔵六と改めた。明治初年には政府の奨励を受けて外国の博覧会に出品して名を高め、国内向けには茶具、外国向けには色絵や金襴手(きんらんで)の大作を製した。自ら好んだ製品には「宗岳(そうがく)」「保寿」「百寿」「蔵六」の印を押し、青磁、染付などに腕を振るった。なお、2代蔵六(1861―1936)は内外陶磁の造詣(ぞうけい)深く、中国陶磁の写しに優品を残し、3代蔵六(1905―71)、4代蔵六(1933― )と家業を継いでいる。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真清水蔵六の関連キーワード賀集珉平三浦貞信小川文斎(2代)佐々木与三武田喜平中尾米吉元吉山崎信為

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone