コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田幸昌 さなだ ゆきまさ

1件 の用語解説(真田幸昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田幸昌 さなだ-ゆきまさ

1603-1615 江戸時代前期の武将。
慶長8年生まれ。真田幸村の長男。父が紀伊(きい)九度山(和歌山県)に流されているときに生まれる。大坂冬の陣では父とともにたたかい,夏の陣で豊臣秀頼が自刃(じじん)すると,慶長20年5月8日それに殉じた。13歳。生年には諸説がある。通称は大助。
【格言など】大将たる者の切腹には佩楯(はいだて)は取らざるものなり

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真田幸昌の関連キーワード慶長石代納佐渡金山日本のおもな城本阿弥光悦元和人形浄瑠璃エリザベス徳川家康ジェームズ[1世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone