真直(読み)シンチョク

  • まじき ‥ヂキ
  • ますぐ
  • まっすぐ
  • まなお ‥なほ
  • まなお〔なほ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]まっすぐなこと。また、そのさま。
「兄さんの言葉は如何にも論理的に終始を貫いて―に見えます」〈漱石行人
[形動ナリ]正しく偽りのないさま。心のまっすぐなさま。
「豊国の企救(きく)の浜辺の砂地(まなごつち)―にしあらば何か嘆かむ」〈・一三九三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 少しのまがりもないこと。また、そのさま。まっすぐ。
〘名〙 (形動) =ましょうじき(真正直)
※洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)才六会拐「誠しやかに教へしを、真直(マジキ)にうける糞正じき」
〘名〙 (形動)
① 少しも曲がっていないこと。また、そのさま。まっすぐ。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「真人は身と顙とちともゆがまぬ、ますくにしているぞ」
② ありのままでつつみかくしのないこと。正直なこと。また、そのさま。
※日本書紀桃源抄(15C後)「神書は方便は更ない、只其ますくに云ぞ」
③ なんの変化もつけないこと。すなおであること。また、そのさま。
※申楽談儀(1430)喜阿「様もなく、ますぐにかくかくと謡ひし、よくよく案じ解けば」
〘名〙 (形動) 副詞的にも用いる。
① 物が図形的にまったく直線的で、少しも曲がっていないさま。真一文字。ますぐ。まっすじ。
※史記抄(1477)三「乱はまっすくにわたるを云ぞ」
② (比喩的に) 直線的で、少しも曲がっていないこと。また、そのさま。
(イ) 少しも包みかくすところがないこと。偽りやごまかしがないさま。ありのままであるさま。すなおなさま。正直。
※謡曲・盛久(1423頃)「さらばその霊夢の様を、ご前にて真直に申し上げられ候へ」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一「あなたは真っ直でよい御気性だ」
(ロ) 一定の目的から横にそれないこと。寄り道をしないさま。
※狂歌・古今夷曲集(1666)一〇「恋路よりまっすくに入涅槃こそ実(げに)煩悩は即(そく)菩提なれ」
※誰かが触った(1972)〈宮原昭夫〉五「まっすぐ帰宅して、アトリエで思う存分野心作に取り組める」
〘名〙 (形動) 正しく偽りのないこと。真実。まっすぐ。
※万葉(8C後)七・一三九三「豊国の企救の浜辺のまなごつち真直(まなほ)にしあらば何か嘆かむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android