真直(読み)シンチョク

デジタル大辞泉の解説

しん‐ちょく【真直】

[名・形動]まっすぐなこと。また、そのさま。
「兄さんの言葉は如何にも論理的に終始を貫いて―に見えます」〈漱石行人

ま‐なお〔‐なほ〕【真直】

[形動ナリ]正しく偽りのないさま。心のまっすぐなさま。
「豊国の企救(きく)の浜辺の砂地(まなごつち)―にしあらば何か嘆かむ」〈・一三九三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんちょく【真直】

まっすぐなこと。 「 -度」

まなお【真直】

( 形動ナリ )
正しくいつわりのないさま。まっすぐなさま。 「 -にしあらば何か嘆かむ/万葉集 1393

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真直の関連情報