コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真秀/真面 マホ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ほ【真秀/真面】

[名・形動ナリ]
よく整って十分なこと。完全なこと。また、そのさま。和歌では多く「真帆」に掛けて使われる。⇔偏(かたほ)
「しなてるや鳰(にほ)の湖に漕ぐ舟の―ならねども逢ひ見しものを」〈・早蕨〉
正面から向きあうこと。また、そのさま。
「いとほしとおぼせば、―にも向かひ給はず」〈・初音〉
正式であること。また、そのさま。
「―のくはしき日記にはあらず」〈絵合
直接であること。また、そのさま。うちつけ。
「さすがに―にはあらで、そそのかしきこえて」〈真木柱

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まほ【真秀】

( 名 ・形動ナリ )
十分であること。完全であること。よく整っていること。また、そのさま。 「落窪の君の御事-に知り侍らず/落窪 1
本格的であること。正式であること。また、そのさま。 「 -のくはしき日記にはあらず/源氏 絵合
まともに向き合うこと。直接に対座すること。また、そのさま。 「親・せうとなどにだに、-にさし向かふことだにせず/狭衣 3」 〔「片秀かたほ」に対する語。「ま」は接頭語。「ほ」は抜きんでたものの意という〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真秀/真面の関連キーワードよしもとよしもとばなな吉本ばなな古代歌謡主任制度事務主事小川真奈偏・片秀夏休み赤江瀑

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android