コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋豊平 まなべ とよひら

2件 の用語解説(真鍋豊平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

真鍋豊平

歌人。称相模守、水穂舎。篤胤・足利弘訓・佐々木弘綱千種有功大国隆正近藤芳樹門。又一絃琴を杉隈南に学ぶ。権少教正・大講義、安井天神・広田神宮礼祠。長歌を最も得意とする。著書『一絃琴譜』『老のすさび』『水穂会詠草』等がある。明治32年(1899)歿、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋豊平 まなべ-とよひら

1809-1899 江戸後期-明治時代の神職。
文化6年9月10日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)北野村天満宮の神主。一弦琴の名手で,正親町(おおぎまち)家から一弦琴取締役を命じられた。明治32年4月13日死去。91歳。通称は采女之助。号は蓁斎(しんさい),水穂舎。歌集に「老のすさび」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の真鍋豊平の言及

【一弦琴】より

…1839‐1913)の説によると,寛文(1661‐73)の初めごろ中国から伝えられ,宝暦・明和(1751‐72)のころに河内国金剛輪寺の僧覚峯律師(号は麦飯真人。1729‐1815)が世に広め,その門人に水戸の家老中山備前守信敬,奈良の久保但馬,大坂の中川蘭窓などがあり,幕末には大坂の真鍋豊平(1809‐99)が新作によって隆盛に導いた。明治になって真鍋の高弟である土佐の徳弘太橆(たいむ)や,東京の富田豊春がその普及に努めたが,明治末から衰微し,現在ではわずかに行われるのみである。…

※「真鍋豊平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真鍋豊平の関連キーワード佐野蓬宇岩田みつ奥平鶯居狩野水子柴田游翁昇斎一景関直吉堤玄徳徳含星の屋輝雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone