コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短縮URL タンシュクユーアールエル

3件 の用語解説(短縮URLの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんしゅく‐ユーアールエル【短縮URL】

short URL》インターネット上のURLの文字数を短くしたもの。入力可能な文字数に制限があるツイッターなどの簡易ブログインスタントメッセンジャーで、URLを入力する際に用いられる。リダイレクト機能を利用したもので、ユーザーが任意のURLを短縮できるサービスもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

短縮URL

長いページアドレス(URL)を、短い表記にしたもののことです。専用のネットサービスを使います。短くしたいURLをサービスに登録すると、短いURLが割り当てられ、その短いURLにアクセスすると、登録された本来のページに転送される仕組みです。Twitterのような書き込める文字数に制限のあるサービスでウェブページを紹介するのに便利です。
⇨Twitter、URL、フィッシング

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短縮URL
たんしゅくゆーあーるえる
URL shortening

インターネット上でウェブサイトを特定するためのURLを、代替する文字列に短く変換したもの、またそのサービス。掲示板ブログツイッターのように入力可能な文字数が制限されている場合などに使用される。一般的には、インターネット上で無償提供されているURL短縮サービスに登録をして利用する。短縮URL内のアルファベットは、大文字小文字については別の文字として区別される、という特徴がある。また、パソコンウェブブラウザーやスマートフォン、タブレット型端末などで使用されるオンラインコミュニケーション用のアプリケーションには、多くの人が利用登録しているURL短縮サービスを使って自動的に短縮URLをつくる拡張機能が用意されているものもある。
 本来のURLと変換後の短縮URLは、両方ともURL短縮サービスのデータベースに登録されており、短縮URLでアクセスがあると、いったんそのデータベースで照合されて、もとのURLがデータベースから送り返され、本来のウェブページを閲覧できるという仕組みになっている。
 利便性が高いウェブサービスであるが、もとのURLとまったく異なる文字列に変換されてしまうため、短縮URLに似せ、危険なサイトへ意図的に誘導するなど、問題も生じている。このような問題点に対応するため、グーグルやツイッターは独自の短縮URLサービスを設けている。また、URL短縮サービスの提供会社も、企業向けサービスなどでは変換後URLの一部に、短縮前の元のURLの一部を表示させるといった付加機能を用意する対策を講じている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短縮URLの関連キーワードアドレスアドレス空間改ページURLマイペースリターンアドレスローカルアドレスURLスキームゼロペン アドレス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

短縮URLの関連情報