コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚友二 いしづか ともじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚友二 いしづか-ともじ

1906-1986 昭和時代の俳人,小説家。
明治39年9月20日生まれ。大正13年上京,横光利一に師事する。昭和12年石田波郷らと句誌「鶴」を創刊,波郷の没後は同誌を主宰した。昭和61年2月8日死去。79歳。新潟県出身。本名は友次。著作に句集「方寸虚実」,短編集「松風」など。
【格言など】別れ路や虚実かたみに冬帽子(「方寸虚実」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石塚友二
いしづかともじ
(1906―1986)

俳人、小説家。新潟県に生まれる。1924年(大正13)上京して横光利一(よこみつりいち)に師事し、小説家を志し、42年(昭和17)発表の『松風』が芥川(あくたがわ)賞候補になり、翌年池谷信三郎賞を受賞。俳句は石田波郷(はきょう)主宰『鶴(つる)』(1937創刊)の選者となり、69年波郷没後は同誌を主宰。句集『方寸虚実』(1941)などがあり、実生活に即した古典的律格の句に特色がある。[伊澤元美]
 別れ路や虚実かたみに冬帽子
『『石塚友二句集』(1979・白凰社) ▽山本健吉著『現代俳句 上』(角川新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石塚友二の関連キーワード児童雑誌三原山早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件生田長江小松耕輔島村抱月ドールン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone