コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石目 イシメ

デジタル大辞泉の解説

いし‐め【石目】

岩石の割れやすい方向。石を割るときには、これを利用する。
彫金技法の一。金属の彫刻面にたがねで打ち出した細かな点。ななこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

石目

岩石の中の異なった組成または組織の縞で,動力変成作用によって形成されたもの[Haidinger : 1845].ドイツ語のflaserは石目,木目などの意味.

石目

岩石中に存在する割れやすい特殊の方向をいい,岩石の中の鉱物配列を示している.岩体の流理面に対応し,節理と関係が深い.垂直でもっとも割れやすい面を俗に“一番rift)”といい,一番に直角な他の垂直面を“二番”,これらの二面に直角な水平面の石目を“重ね”という.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いしめ【石目】

岩石の、割れやすい状態になっている方向。石工はこれを利用して岩石を割る。片理。節理。
彫金の技法の一。表面に、ごく細かな点をすき間なく打ち出したもの。また、その点。ななこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石目の関連キーワードフレーザー輝緑岩プリントボードネオヒボリテスフレーザー層理スピリフェリナインパラブルーオルソケラス類やすり(鑢)セラタイト類ベレムニテラドゥバリアヒボリテス火山性地溝駿河漆器木内石亭柴田是真オーロラ御影石杯竜類金石録

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石目の関連情報