コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石目(読み)イシメ

岩石学辞典の解説

石目

岩石の中の異なった組成または組織の縞で,動力変成作用によって形成されたもの[Haidinger : 1845].ドイツ語のflaserは石目,木目などの意味.

石目

岩石中に存在する割れやすい特殊の方向をいい,岩石の中の鉱物配列を示している.岩体の流理面に対応し,節理と関係が深い.垂直でもっとも割れやすい面を俗に“一番rift)”といい,一番に直角な他の垂直面を“二番”,これらの二面に直角な水平面の石目を“重ね”という.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いしめ【石目】

岩石の、割れやすい状態になっている方向。石工はこれを利用して岩石を割る。片理。節理。
彫金の技法の一。表面に、ごく細かな点をすき間なく打ち出したもの。また、その点。ななこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石目の関連情報