コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化アリル りゅうかありる

食の医学館の解説

りゅうかありる【硫化アリル】

硫化(りゅうか)アリルはニンニクやタマネギといった、ユリ科の植物に含まれる成分です。タマネギを切ると目が痛くなりますが、これは揮発した硫化アリルが粘膜(ねんまく)を刺激するため。生ニンニクの辛みも硫化アリルの刺激によるものです。
 硫化アリルにもさまざまな種類がありますが、代表的なのがアリイン。アリインは人の体に入ると、アリイナーゼという酵素で加水分解され、アリシンという物質に変化します。このアリシンには強力な殺菌作用があり、サルモネラ菌や病原性のカビ、チフス菌、コレラ菌、寄生虫の駆除などに効果を発揮します。
 また、アリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという物質をつくります。アリチアミンは血液中で長時間維持されるため、ビタミンB1の働きが効果的に持続し、疲労回復に有効です。疲労回復にニンニクやニラ、タマネギなどがすすめられるのは、その中にビタミンB1とアリインの両方が含まれるためなのです。
 硫化アリル類の働きは、ほかにも数多くあり、血栓(けっせん)の生成予防、血中コレステロールの増加抑制、インスリンや胃液の分泌促進(ぶんぴつそくしん)、発汗促進、免疫機能の向上、がんの予防などに役立つといわれます。
 先にも述べたとおり、硫化アリルはニンニクを筆頭に、タマネギ、ネギなどに多く含まれます。ただ、ニンニクは一度に大量に摂取すると、胃壁を刺激して腹痛を起こしたり、貧血の原因になったりします。また、目のぐあいが悪い人も注意が必要です。食べる量は、生の場合で1日1片、加熱調理したものでも1日2~3片を上限と考え、子どもはその半分以下にとどめてください。

出典 小学館食の医学館について 情報

硫化アリルの関連キーワードジスルフィドラッキョウニラ(韮)高血圧症糖尿病ニラ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硫化アリルの関連情報