コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬鑞 コウロウ

百科事典マイペディアの解説

硬鑞【こうろう】

硬質はんだとも。鑞付(ろうづけ)に使う合金を鑞と総称し,そのうち融点が450℃以上のものを硬鑞という。それ以下のものは軟鑞,あるいははんだと呼ばれる。硬鑞には黄銅鑞のほか,銀鑞(銀40〜70%に銅,亜鉛などを加える),金鑞(金40〜60%に銀,銅を加える)やリン銅鑞,アルミニウム鑞などがあり,それぞれの金属,合金製品の接合に使用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうろう【硬鑞 brazing filler metal】

金属を鑞付によって接合するときの鑞材のうち,溶融温度が450℃以上のものを硬鑞,それ以下のものを軟鑞あるいははんだという。鑞付は,接合したい母材の溶融温度よりもかなり低い温度で溶ける鑞材を使って,母材は溶かさずに鑞材を溶かして固めて接着を行う。硬鑞としては,銀鑞,黄銅鑞,アルミニウム合金鑞,リン銅鑞,ニッケル鑞,金鑞などがある。これらは一般に多成分の合金であって,たとえば,銀鑞はAg‐Cu合金が主体であるが,さらにZn,Cd,Sn,Niなどを添加した種々の合金があり,成分によって溶融温度が違い,したがって,鑞付温度も違う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の硬鑞の言及

【溶接】より

…またガス火炎による鑞付けも広く用いられている。
[鑞付け]
 鑞付けに使用する合金(鑞という)の融点が450℃以上のものを硬鑞といい,これによる鑞付けをブレージングbrazingと呼び,融点が450℃以下の軟鑞を用いるものをはんだ付けと呼ぶ。硬鑞には金,銀,銅およびアルミニウム合金などが用いられ,軟鑞には鉛とスズの合金がもっとも一般的に用いられる。…

【鑞付】より

…鍛金において,方形の箱または桶のような金属容器を接合する際に用いる。鑞材には硬鑞と軟鑞がある。硬鑞は溶融点が450℃以上のものをいい,これ以下のものを軟鑞という。…

※「硬鑞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

硬鑞の関連キーワード高速度鋼鑞付け

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android