硼酸軟膏(読み)ホウサンナンコウ

デジタル大辞泉の解説

ほうさん‐なんこう〔ハウサンナンカウ〕【×硼酸軟×膏】

白色軟膏に硼酸粉末を加えて作った白色ないし淡灰黄色の軟膏。やけど・ただれ・皮膚病などに用いたが、硼酸の副作用のため製造中止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうさんなんこう【硼酸軟膏】

ホウ酸の粉末に、単軟膏・グリセリン・胡麻油などを加えた軟膏。火傷・皹ひび・皮膚病などの殺菌保護薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android