コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会形態学 しゃかいけいたいがくmorphologie sociale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会形態学
しゃかいけいたいがく
morphologie sociale

社会生理学,一般社会学と並んで É.デュルケム社会学体系を構成する3部門の一つ。彼は個人の行動や思考に枠を与えるものを社会的事実であるとするが,この社会的事実のうちには社会の生理学的事実とともに,人口の分布や密度,交通路の数や性質,居住形式など,いわば解剖学的事実も存在する。この解剖学的事実を,彼は社会の「存在様式」,すなわち社会の基体として別に考察すべきだとする。この部門を「社会形態学」と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいけいたい‐がく〔シヤクワイケイタイ‐〕【社会形態学】

土地の広狭、人口の量・密度・分布などの、社会の外部的形態を研究対象とする社会学の一分野。デュルケームらによって開拓された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいけいたいがく【社会形態学】

人口の動態・密度・分布、家屋の様式など社会現象・社会意識を形成する社会の外的形態を研究する学問。デュルケームなどによって提唱された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会形態学
しゃかいけいたいがく
morphologie socialeフランス語

社会生活を、その外部的形態である人口の量・密度、集落の構成、交通と交通手段の発達度などとの関連において研究する社会学の一部門。フランスの社会学者デュルケームは、社会の基体をなすものとしてこの形態学的事実を重視した。たとえば、人口密度の増大と諸個人の関係の緊密化とが分業の進展を促すと論じ、オーストラリア先住民における拡散的、凝集的という二つの生活形態の交替を彼らの宗教生活の展開と関連づけて考察している。こうした見方はデュルケーム学派のM・アルバクスやM・モースらに引き継がれていった。モースの『エスキモー社会の季節的変化に関する試論』(1906)はその代表的研究の一つで、エスキモーの社会生活が道徳的、宗教的、法的諸側面において、その基体である集団の成員の数、密度、構成、居住形態などの季節的変化を反映していることを明らかにした。デュルケーム学派は、この社会形態学を社会学の一部門としたが、前記のような意味では、社会学と地理学とを架橋する境界的科学の位置にあるともいえよう。20世紀のアメリカの都市研究において発展をみる人間生態学human ecologyは、都市内の自然地域の研究を重視している点で、事実上、社会形態学の発想と共通するところがある。[宮島 喬]
『M・モース著、宮本卓也訳『エスキモー社会』(1981・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

社会形態学の関連キーワードM. アルプワクス社会学主義社会現象

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android