コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祈年穀奉幣 キネンコクホウヘイ

大辞林 第三版の解説

きねんこくほうへい【祈年穀奉幣】

2月と7月の吉日に、伊勢神宮など京畿二二社に幣帛へいはくを捧げ、その年の豊作を祈った儀式。一〇世紀初頭から室町後期まで行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祈年穀奉幣の関連キーワード平安時代二十二社