神の代理人(読み)かみのだいりにん(英語表記)Der Stellvertreter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神の代理人
かみのだいりにん
Der Stellvertreter

ドイツの戯曲。5幕 11場。 R.ホーホフート作。アウシュウィッツにおけるナチスユダヤ人大量虐殺を題材とした,無韻詩による叙事的な戯曲で,完全上演には5~6時間を要する大作。 1963年2月 20日,ベルリンで E.ピスカートルの演出によって初演。ナチスによるユダヤ人虐殺を知りながら,神の代理人である教皇がそれを黙殺した事実を追及した作品であるため,世界各国で大きな反響を呼び,特にカトリック教会から反発を受けた。しかし単なる教皇個人への批判ではなく,理念と現実,個人と組織,宗教と政治の相克の渦中にある現代自体への告発であり,現代ドイツの代表的作品といえる。ハウプトマン奨励賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かみのだいりにん【神の代理人】

《原題、〈ドイツ〉Der Stellvertreter》ドイツの劇作家、ホーホフートによる戯曲。5幕11場の大作で、1963年にベルリンで初演。ナチスのユダヤ人虐殺を黙認したローマ教皇ピウス12世の責任を追及する作品で、当時のキリスト教界に衝撃を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android