コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末川博 すえかわひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末川博
すえかわひろし

[生]1892.11.20. 山口,玖珂
[没]1977.2.16. 京都
法律学者。京都大学卒業後,同大学院を経て,同大学講師,助教授,1925年より教授として民法講座を担当。 33年いわゆる京大事件 (→滝川事件 ) で退官。大阪商科大学教授を経て,45年以降長く立命館大学学長,総長の職にあった。その間日本学術会議会員,日本学士院会員にも選ばれている。不法行為法,物権法をはじめ民法全般にわたって理論の発展に多大の功績があったほか,さらに広く,一般民衆への法律知識の普及をはかり,『六法全書』の編纂などを行なった。著書に『権利侵害論』 (1930) ,『不法行為並に権利濫用の研究』 (33) ,『権利濫用の研究』 (49) ,『占有と所有』 (62) などがあり,また『民商法雑誌』『季刊法律学』を創刊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すえかわ‐ひろし〔すゑかは‐〕【末川博】

[1892~1977]法学者。山口の生まれ。滝川事件京大法学部を辞職。のち、立命館大学総長。専攻民法だけでなく、護憲平和運動でも活躍。著「権利侵害論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

末川博【すえかわひろし】

民法学者。山口県出身。1917年京都帝大法科大学卒。1925年同大教授となるが,1933年文部省滝川幸辰(ゆきとき)教授休職処分に抗議して辞職(滝川事件)。その後大阪商科大学(現,大阪市立大学)教授を経て,1945年に平和と民主主義の教学理念を掲げて立命館大学学長(後に総長兼任)に就任,多くの進歩的学者を招聘し,平和運動にも積極的に参加し発言した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末川博 すえかわ-ひろし

1892-1977 大正-昭和時代の法学者。
明治25年11月20日生まれ。民法学を専攻し,大正14年母校京都帝大の教授となる。昭和8年滝川事件で文部省と対立し辞任。20年立命館大学長,22年総長。平和問題談話会や憲法問題懇談会を主宰し,幅ひろい社会活動をおこなう。昭和52年2月16日死去。84歳。山口県出身。著作に「権利侵害論」「権利濫用の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すえかわひろし【末川博】

1892‐1977(明治25‐昭和52)
民法学者。山口県に生まれ,第三高等学校を経て,京都帝国大学法学部を卒業。同大学助教授となり,欧米に留学した後,1925年同大学教授となったが,33年,いわゆる滝川事件のために退官し,大阪商科大学(現,大阪市立大学)教授を経て,45年に立命館大学学長,次いで総長となり,69年退任。 民法の各分野および労働法にわたって膨大な著述をしたが,とくに権利論の分野で著しい業績をあげた。権利に社会的制約があることを主張した《不法行為並に権利濫用の研究》(1933),民法709条の権利侵害の要件を拡大して違法性におきかえるべきことを説いた《権利侵害論》(1929)は,いずれもその後の通説判例を形成し,立法にも影響を与えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すえかわひろし【末川博】

1892~1977) 法学者。山口県生まれ。京大教授。滝川事件で京大を辞職し、のち立命館総長。護憲・平和運動に活躍。著「権利侵害論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末川博
すえかわひろし
(1892―1977)

民法学者。山口県出身。1917年(大正6)京都帝国大学法科大学卒業、25年同大学教授、33年(昭和8)京大事件で同大学を辞職して、40年大阪商科大学(現大阪市立大学)教授、45年(昭和20)には立命館大学総長に就任、69年退職した。民法学の分野では、その緻密(ちみつ)な理論によって数々の業績をあげた。たとえば、『権利侵害論』は、民法第709条の権利侵害を違法性に置き換えることによって不法行為法の構造を変えた。他方、立命館大学総長としては、大学の民主化を図り、いわゆる立命館方式(協議会方式)をつくりあげた。著書、論文は多数に上る。『民法における特殊問題の研究』(1925)、『権利侵害論』(1930)、『権利濫用の研究』(1949)、『物権法』(1956)、『契約法(上)』(1958)、『法律』(1961)、『占有と所有』(1962)、『契約法(下)』(1975)などがある。[淡路剛久]
『末川博先生追悼文集編集委員会編『追想末川博』(1979・有斐閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

末川博の関連キーワードジョン・ソムン平和問題懇談会憲法問題研究会加古 祐二郎住谷 悦治加古祐二郎住谷悦治淡路剛久昭和時代田島錦治末川 博私擬憲法竹田省

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android