神色自若(読み)しんしょくじじゃく

四字熟語を知る辞典「神色自若」の解説

神色自若

大事に直面しても沈着で顔色平常と少しも変わらない様子。

[活用] ―として。

[使用例] 山口は神色自若として相原に言った[森鷗外*灰燼|1911~12]

[解説] 「神色」は精神と顔色という意味。

[類語] 泰然自若

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「神色自若」の解説

しんしょく‐じじゃく【神色自若】

〘名〙 (形動タリ) 大事に直面しても沈着で顔色が平常と少しも変わらないこと。また、そのさま。
※徂徠集(1735‐40)一二「初義経在東日、御頼朝盥、熱烙手而弗釈、神色自若」 〔晉書‐王戎伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神色自若」の解説

しんしょく‐じじゃく【神色自若】

[ト・タル][文][形動タリ]重大事に直面しても少しも顔色を変えず、落ち着いているさま。
「モニカは―としてその前に進み、跪き」〈長与青銅の基督

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android