神色(読み)しんしょく

精選版 日本国語大辞典「神色」の解説

しん‐しょく【神色】

〘名〙 精顔色。また、顔色。様子。
今昔(1120頃か)九「嘉運、神色憂へ怖るる事无限し、只走て迯(に)ぐ」 〔後漢書‐劉寛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神色」の解説

しん‐しょく【神色】

精神と顔色。また、精神状態を表すものとしての顔色。
「姫は―常の如く」〈鴎外訳・即興詩人
[類語]表情おも持ちかお顔つき顔色かおいろいろ血相形相ぎょうそう相好そうごう気色きしょく顔立ち容貌面構え面差し面立ち面影人相面相容色剣幕面魂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「神色」の解説

【神色】しんしよく

心と顔色。態度。〔世説新語雅量〕夏侯太初()、嘗(かつ)てに倚(よ)りて書を作る。時に大いに雨ふり、霹靂(へきれき)()倚るを破り、衣焦(こ)げて然(も)えたり。色變ること無く、書すること亦た(もと)の如し。

字通「神」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android