コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私教類聚 しきょうるいじゅう

2件 の用語解説(私教類聚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しきょうるいじゅう【私教類聚】

吉備真備(きびのまきび)の著書。逸書であるが,目録38ヵ条が《拾芥抄》に引用されて残っている。その内容は教訓書で,儒教と仏教を重んじ,道教,仙道をしりぞけている。吉備真備の著か否か疑う説もあるが,すでに平安後期の《政事要略》に6ヵ条の引用が見える。滝川政次郎は,これと中国北斉の顔之推(がんしすい)の著《顔氏家訓》と比較研究し,同書が《私教類聚》に影響を及ぼしたとし,偽作説を排した。【横田 健一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私教類聚
しきょうるいじゅう

奈良時代の教訓書。1巻。吉備真備(きびのまきび)が769年(神護景雲3)ごろに記したものでわが国最古の家訓と目されるが、『拾芥抄(しゅうがいしょう)』に目録がみえる以外は、『政事要略』などに逸文が残る。38条よりなり、儒仏を重んじて道教を排する姿勢がうかがえる。唐代に盛んに行われていた北斉(ほくせい)の顔之推(がんしすい)の『顔氏家訓(がんしかくん)』が随所に引用されているので、これを手本にしたことが知られる。当時の学問教育を知るうえでの貴重な文献。[大曽根章介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私教類聚の関連キーワード吉備真備きびきび吉備大臣吉備大臣入唐絵詞吉備の中山吉備泉吉備山吉備弓削部虚空吉備由利多治比広成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone