コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山徳蔵 あきやま とくぞう

2件 の用語解説(秋山徳蔵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

秋山徳蔵

宮内庁大膳課主廚長。福井県生。旧姓は高森。西洋料理を志して上京し、華族会館コック見習となる。欧州で修行の後、宮内省に入り初代司廚長となる。主な著書に『フランス料理全集』等。昭和49年(1974)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山徳蔵 あきやま-とくぞう

1888-1974 大正-昭和時代の料理人。
明治21年8月30日生まれ。華族会館,築地(つきじ)精養軒などにつとめたのち,明治42年渡欧。大正2年宮内省大膳寮厨司長となり,大正天皇,昭和天皇の食事をはじめ宮中の料理を統括した。昭和49年7月14日死去。85歳。福井県出身。旧姓は高森。著作に「料理のコツ」「新フランス料理全書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秋山徳蔵の関連キーワード赤堀全子江上トミ木村さく志の島忠多田鉄之助辰巳浜子田村魚菜辻嘉一東佐与子村上信夫

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋山徳蔵の関連情報