コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田八丈 あきたはちじょう

3件 の用語解説(秋田八丈の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あきたはちじょう【秋田八丈】

秋田地方に産する黄八丈。本来はハマナスの根を用いて染めた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

秋田八丈

秋田県北秋田市で生産される織物。草木染め絹織物で「秋田絹」「秋田黄八丈」とも呼ばれ、本場の黄八丈と比較するとやや渋みのある色合いが特徴。製造の起源は江戸時代に遡る。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田八丈
あきたはちじょう

秋田市で織られている平織の絹織物。秋田八丈絹ともいう。秋田藩主佐竹氏が殖産興業一つとして秋田絹を奨励、文化(ぶんか)年間(1804~1818)には桐生(きりゅう)から蓼沼甚平(たでぬまじんぺい)を招き、ハマナスの根皮を染料とする鳶(とび)八丈をつくり、幕末には特産品として江戸、京坂に販路を拡大した。最盛期は1895年(明治28)ごろで、現在は、昭和初期以来、ただ一軒続いていた滑川(なめかわ)機操場が廃業し、技術の継承が危ぶまれている。ハマナスを主に、植物染料を使い、縞(しま)、格子に、独特の色調と地合(じあ)いに織り上げる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の秋田八丈の言及

【黄八丈】より

…現在ではほとんど化学染料,機械織にかわり,かつてのおもかげを伝えるものは少ない。 なお,この黄八丈のようにその土地産の染料を用い,同様の味をもつものに秋田市産の秋田八丈がある。日本海の砂浜に自生するハマナスを用いて出すとび色を主とし,黄色にはヤマツツジ,カリヤス,ヤマモモなどの植物染料が多用される。…

【草木染】より

…そのため各地方に発達した地方的な染織品には,土地特有の染料を用いたものがある。たとえば古くは加賀の梅染など,近世以降では八丈島の黄八丈に用いる椎の皮やまだみ(犬樟(いぬぐす))の樹皮,藎草(こぶなぐさ)(八丈刈安)など,また秋田八丈の玫瑰(はまなす)の根などである。沖縄ではテリハボクの近縁種の福木(ふくぎ)の樹皮から得られる強烈な黄が,紅型(びんがた)に光彩をそえる必須の染料とされる。…

※「秋田八丈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田八丈の関連情報