コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種子島時堯 たねがしまときたか

2件 の用語解説(種子島時堯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種子島時堯
たねがしまときたか

[生]享禄1(1528)
[没]天正7(1579)
室町時代末期の種子島の領主。恵時の子。初名,直時。左近将監を称する。天文 12 (1543) 年8月 25日同島に漂着したポルトガル人の鉄砲2丁を買入れて家臣に製法を研究させた。翌年再びポルトガル人が来航すると指導を受け,鉄砲数十丁を製作したと『鉄炮記』に伝える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種子島時堯
たねがしまときたか
(1528―1579)

室町末期の種子島島主。種子島氏第13代恵時の子。初め直時と称し、弾正忠(だんじょうのちゅう)、左近将監(さこんのしょうげん)に任ず。入道名可釣(かきん)。島津氏と交誼(こうぎ)を結ぶ。その女(むすめ)は島津義久(よしひさ)の室。孫忠時(ただとき)の室は島津家久(いえひさ)の女。1543年(天文12)8月、父とともに種子島南岸西之村に漂着したポルトガル船を赤尾木(あかおき)(西之表)に回送させ、その所持する鉄砲二挺(ちょう)を買い取り、家臣に命じその製法を研究させた。以後鉄砲は堺(さかい)商人らにより諸国に広められた。[五味克夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

種子島時堯の関連キーワード階乗エヌ没・歿勃・歿・没上部貞永瓦屋源珍梁盛和田業繁Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone