コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種市[町] たねいち

2件 の用語解説(種市[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

種市[町]【たねいち】

岩手県北東端,九戸(くのへ)郡の旧町。太平洋に臨み八戸(はちのへ)線に沿う中心の種市は南部もぐり(潜水夫)で知られ,県立種市高校海洋開発科を設置している。ウニを多産するほか,野菜,果樹栽培も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たねいち【種市[町]】

岩手県最北端,九戸(くのへ)郡の町。人口1万4911(1995)。太平洋に臨み,北は青森県八戸市に接する。北上高地北端の丘陵が広く占め,海岸線に並行してJR八戸線,国道45号線が通じる。古くから漁業と農業が主体であるが,米作は偏東風(やませ)の影響でふるわず,近年養蚕やシイタケ栽培,食用菊栽培などを導入している。漁業ではコンブ,ウニ,アワビなどの漁獲があり,漁港の改修整備と大規模養殖場の開発が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

種市[町]の関連キーワード岩手県岩手県立大学二戸八戸ロライマおりつめろくのへ九戸政実西塔幸子南雪

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone