コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種市[町] たねいち

百科事典マイペディアの解説

種市[町]【たねいち】

岩手県北東端,九戸(くのへ)郡の旧町。太平洋に臨み八戸(はちのへ)線に沿う中心の種市は南部もぐり潜水夫)で知られ,県立種市高校は海洋開発科を設置している。ウニを多産するほか,野菜,果樹栽培も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たねいち【種市[町]】

岩手県最北端,九戸(くのへ)郡の町。人口1万4911(1995)。太平洋に臨み,北は青森県八戸市に接する。北上高地北端の丘陵が広く占め,海岸線に並行してJR八戸線,国道45号線が通じる。古くから漁業と農業が主体であるが,米作偏東風(やませ)の影響でふるわず,近年養蚕やシイタケ栽培,食用菊栽培などを導入している。漁業ではコンブ,ウニ,アワビなどの漁獲があり,漁港の改修整備と大規模養殖場の開発が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android