コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣定穀 いながき ていこく

2件 の用語解説(稲垣定穀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣定穀 いながき-ていこく

1764-1836* 江戸時代中期-後期の天文家,地理学者。
宝暦14年3月5日生まれ。伊勢(いせ)安濃郡(あのぐん)新町(三重県津市)の商人。小島典膳(てんぜん)らにまなび,江戸にでて本多利明,伊能忠敬(ただたか)らとまじわる。地誌「伊勢志略」などを編集。天球儀地球儀を製作し,天体の運行と地球の回転についておしえた。天保(てんぽう)6年11月19日死去。72歳。字(あざな)は佐平。通称は佐兵衛。号は見山。名は「さだよし」ともよむ。

稲垣定穀 いながき-さだよし

いながき-ていこく

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲垣定穀の関連キーワード化政文化郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒テキサス併合浜田藩鈴木源之丞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone