コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲畑汀子 イナハタテイコ

2件 の用語解説(稲畑汀子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いなはた‐ていこ【稲畑汀子】

[1931~ ]俳人。神奈川の生まれ。旧姓、高浜。高浜虚子の孫。父、高浜年尾の没後、俳誌「ホトトギス」主宰。昭和62年(1987)日本伝統俳句協会を設立し、会長となる。句集に「汀子句集」「春光」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲畑汀子 いなはた-ていこ

1931- 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和6年1月8日生まれ。高浜虚子の孫。高浜年尾の次女。稲畑順三と結婚。父没後の昭和54年から「ホトトギス」を主宰。花鳥諷詠をとなえた祖父の作風をつぎ,62年日本伝統俳句協会を設立,会長となる。平成25年「ホトトギス」の主宰を長男・稲畑広太郎(廣太郎)にひきつぎ名誉主宰となる。神奈川県出身。小林聖心女子学院卒。句集に「汀子句集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の稲畑汀子の言及

【ホトトギス】より

…大正中期以後の俳人として,日野草城,山口誓子,水原秋桜子,富安風生,星野立子,中村汀女,中村草田男,川端茅舎らが育った。59年に虚子が没した後は,長男の高浜年尾(1900‐79)が主宰,年尾の没後は年尾の二女稲畑汀子(いなはたていこ)(1931‐ )が主宰している。【松井 利彦】。…

※「稲畑汀子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稲畑汀子の関連キーワード鷹羽狩行長谷川櫂平井照敏岡田日郎岡本眸黒田杏子鈴木鷹夫福田甲子雄山田みづえ西村和子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲畑汀子の関連情報