コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲畑汀子 イナハタテイコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲畑汀子 いなはた-ていこ

1931- 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和6年1月8日生まれ。高浜虚子の孫。高浜年尾の次女。稲畑順三と結婚。父没後の昭和54年から「ホトトギス」を主宰。花鳥諷詠をとなえた祖父の作風をつぎ,62年日本伝統俳句協会を設立,会長となる。平成25年「ホトトギス」の主宰を長男・稲畑広太郎(廣太郎)にひきつぎ名誉主宰となる。神奈川県出身。小林聖心女子学院卒。句集に「汀子句集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲畑汀子の言及

【ホトトギス】より

…大正中期以後の俳人として,日野草城,山口誓子,水原秋桜子,富安風生,星野立子,中村汀女,中村草田男,川端茅舎らが育った。59年に虚子が没した後は,長男の高浜年尾(1900‐79)が主宰,年尾の没後は年尾の二女稲畑汀子(いなはたていこ)(1931‐ )が主宰している。【松井 利彦】。…

※「稲畑汀子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稲畑汀子の関連キーワードホトトギス(俳句雑誌)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲畑汀子の関連情報