コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高浜年尾 たかはま としお

4件 の用語解説(高浜年尾の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高浜年尾

俳人。東京生。虚子の長男。13才で「ホトトギス」例会に投句。旭シルク和歌山製糸などに勤務後、会社を辞し俳句に専念、「ホトトギス」の中心作家として活躍。『俳諧』主宰。『年尾句集』『句日記』等がある。昭和54年(1979)歿、78才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかはま‐としお〔‐としを〕【高浜年尾】

[1900~1979]俳人。東京の生まれ。虚子の長男。稲畑汀子の父。虚子から俳誌「ホトトギス」を継承して主宰。著作に「年尾句集」「俳諧手引」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高浜年尾 たかはま-としお

1900-1979 大正-昭和時代の俳人。
明治33年12月16日生まれ。高浜虚子(きょし)の長男。中学時代から父の手ほどきをうけ,一時会社につとめたのち俳句に専念。昭和13年から「俳諧(はいかい)」を主宰。26年父より「ホトトギス」をひきついだ。昭和54年10月26日死去。78歳。東京出身。小樽高商(現小樽商大)卒。著作に「俳諧手引」,句集に「年尾句集」。
【格言など】暮れる前からのかゞやき寒の月(「句日記三」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高浜年尾
たかはまとしお
(1900―1979)

俳人。東京・神田に虚子(きょし)の長男として生まれる。小樽(おたる)高商卒業。旭シルク、和歌山製糸勤務後、1935年(昭和10)ごろから俳句生活に入る。俳句は早く中学時代から父の手ほどきを受けた。連句にも関心をもち、38年『俳諧(はいかい)』発行。51年(昭和26)、虚子にかわり『ホトトギス』雑詠選をなし主宰した。『年尾句集』(1957)がある。[福田清人]
 遠き家の氷柱(つらら)落ちたる光かな
『『年尾全句集』(1980・新樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高浜年尾の言及

【ホトトギス】より

…大正中期以後の俳人として,日野草城,山口誓子,水原秋桜子,富安風生,星野立子,中村汀女,中村草田男,川端茅舎らが育った。59年に虚子が没した後は,長男の高浜年尾(1900‐79)が主宰,年尾の没後は年尾の二女稲畑汀子(いなはたていこ)(1931‐ )が主宰している。【松井 利彦】。…

※「高浜年尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高浜年尾の関連情報