積翠寺温泉(読み)せきすいじおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「積翠寺温泉」の解説

積翠寺温泉
せきすいじおんせん

山梨県甲府市街の北郊、要害山山麓(さんろく)にある湯治向きの温泉泉質は含鉄泉。戦国時代、武田信玄(しんげん)が川中島の戦いの傷病兵を入湯させたといわれ、「信玄の隠し湯」の一つとされている。古湯、新湯の二泉がある。近くに積翠寺があり、この寺は信玄誕生の地と伝える。甲府駅から約5キロメートルでバス20分。

横田忠夫

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「積翠寺温泉」の解説

積翠寺温泉
せきすいじおんせん

山梨県中央部,甲府市の中心市街地北方にある温泉。泉質は緑礬泉泉温は 15~18℃。武田信玄ゆかりの地で,隠し湯の1つといわれる。神経痛リウマチ皮膚病などに効能がある。近くに御岳昇仙峡 (みたけしょうせんきょう) や観光ブドウ園があり,行楽客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「積翠寺温泉」の解説

積翠寺温泉

山梨県甲府市、要害山の山麓にある温泉。近くに武田信玄の誕生地と伝わる積翠寺があり、隠し湯のひとつと呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android