コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲府市 こうふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲府〔市〕
こうふ

山梨県の中央部にある市。県庁所在地。市域は御坂山地の西部から奥秩父まで南北に細長く延び,北で長野県に接する。 1889年市制施行。 1937年から 1954年までに相川村,国母村など 17村を編入。 2006年中道町および上九一色村の北部を編入。市街地は相川の扇状地と釜無川荒川の沖積地にあって,甲府盆地のほぼ中央に位置する。早くから開け,青沼郷と呼ばれたが,永正 16 (1519) 年武田信虎が相川扇状地の扇頂にあたる躑躅ヶ崎に館を築き,甲府と名を改めた。文禄2 (1593) 年浅野長政・幸長父子が甲府城 (舞鶴城) の築営にあたった。江戸時代は一時期,柳沢吉保・吉里父子が封じられ城下町を整備したが,天領の時代が長く続いた。甲州街道の宿場町,市場町としても発展。養蚕地帯に囲まれ,昭和初期まで製糸業が盛んであったが,第2次世界大戦中から化学,精密機械,電機,繊維などの中小工場が立地。 1960年代から木工,鋳物などの中小工業団地が目立ち始め,南西に接する昭和町,中央市にかけて国母工業団地が形成された。金峰山で採掘される水晶の研磨は江戸時代末から盛んとなり,原石は枯渇したが多種類の宝石が輸入されて研磨加工が行なわれている。農村部は水田が多いが,近郊では野菜畑への転換が進んでいる。東部の旧甲運村地区はブドウの産地で,良質のワインが醸造される。小瀬 (こせ) に古くから伝わる天津司舞は国指定重要無形民俗文化財。市街から山麓部にかけては,湯村温泉積翠寺温泉,城跡の舞鶴城公園,武田神社の武田氏館跡 (国指定史跡) ,要害山 (国指定史跡) など名所旧跡に富む。善光寺の本堂および山門,東光寺仏殿,塩沢寺地蔵堂,旧睦沢学校校舎,穴切大神社は国の重要文化財に指定。また,荒川沿いの御岳昇仙峡は国の特別名勝に指定されており,県下有数の観光地。その北方に位置する燕岩岩脈は国の天然記念物の指定を受けている。南部の曾根丘陵には国指定史跡の銚子塚古墳や丸山塚古墳などの遺跡が数多く分布し,一帯は県立公園として整備されている。北部は秩父多摩甲斐国立公園に属する。 JR中央本線,身延線,国道 20号線,52号線,140号線,358号線,411号線,中央自動車道が通る。面積 212.47km2。人口 19万3125(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうふ‐し〔カフフ‐〕【甲府市】

甲府

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

甲府市の関連キーワード山梨県甲府市下鍛冶屋町山梨県甲府市上小河原町山梨県甲府市上条新居町山梨県甲府市下小河原町山梨県甲府市下積翠寺町山梨県甲府市貢川本町山梨県甲府市下今井町山梨県甲府市上向山町山梨県甲府市堀之内町山梨県甲府市元紺屋町山梨県甲府市古上条町山梨県甲府市下河原町山梨県甲府市下向山町山梨県甲府市右左口町山梨県甲府市上曽根町山梨県甲府市東下条町山梨県甲府市心経寺町山梨県甲府市下帯那町山梨県甲府市古府中町山梨県甲府市上今井町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲府市の関連情報