コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫谷焼 ひめたにやき

4件 の用語解説(姫谷焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姫谷焼
ひめたにやき

江戸時代初期,寛文期 (1661~73) 頃に現在の広島県福山市加茂町で焼かれた磁器。遺品は小・中皿が多く,染付赤絵がすぐれ,その作風は清楚で気品がある。陶土は硬質で淡い褐色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

姫谷焼

江戸初期、備後国深安郡広瀬村姫谷(現・福山市加茂町)で焼かれた色絵陶磁器で、伊万里や古九谷と並んで称される。作陶期間が20年ほどと見られているなど謎も多く、幻の焼き物と言われる。

(2012-10-02 朝日新聞 朝刊 備後 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

姫谷焼【ひめややき】

広島県福山市加茂町で焼かれた焼物。1670年ごろ没した陶工が作ったと伝えるが,後継者なく廃窯。その間の事情や技術の系統など不明で,幻の窯として種々の伝説や異説を生んだ。
→関連項目加茂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姫谷焼
ひめたにやき

広島県福山(ふくやま)市加茂(かも)町の磁器窯。姫谷窯については江戸末期の文献に記述があるが、同町正福寺の過去帳には1670年(寛文10)に姫谷焼陶工の戒名が記されており、このころすでに陶工市右衛門(いちえもん)らが活躍していたことが知られるものの、発祥についてはさだかではない。1977年(昭和52)および78年の考古発掘の結果では、二基からなる地上式登窯(のぼりがま)の跡がみいだされ、染付皿、鉢、香炉、白磁大鉢、皿、碗(わん)、蓋物(ふたもの)、鉄絵破片(以上磁器)、焼き締めの鉢、壺(つぼ)、甕(かめ)、茶碗、茶入(以上(せっき))、さらに灰釉陶(かいゆうとう)などが出土した。それら出土品の熱残留磁気測定によると、1号窯が1620年(±25年)、2号窯が1680年(±30年)となっているが、不確定要素も多いといわれる。姫谷焼として伝世する白磁胎に上絵付した色絵皿は、伊万里(いまり)焼の影響が認められ、その作風から17世紀末から18世紀初期の作と推測される。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姫谷焼の関連キーワード藩札寛文奥山永碩兼門鎌倉新蔵小道三紺屋新右衛門作屋九兵衛祐国関矢凌雲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姫谷焼の関連情報