コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立て引き/達引き タテヒキ

デジタル大辞泉の解説

たて‐ひき【立て引き/達引き】

義理や意気地を立て通すこと。また、そのために起こる争い。「恋の―」
「この釣船の三ぶが尻持った―」〈浄・浪花鑑
談判。交渉。
「そこへ何かの―さんせ、ここらで我ら粋を通し夜食の扶持にありつかう」〈浄・妹背山
気前をみせて、他人の代わりに金品を出すこと。また特に、遊女が客の遊興費を出すこと。
「さよじさんに一本借りて―をしてあげてやったに」〈洒・通言総籬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立て引き/達引きの関連キーワード日本橋(泉鏡花の小説)双蝶蝶曲輪日記

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android