立脚(読み)りっきゃく

精選版 日本国語大辞典「立脚」の解説

りっ‐きゃく【立脚】

〘名〙
① (━する) 自分のよって立つ場を定めること。立場を決めてそれをよりどころにすること。〔音訓新聞字引(1876)〕
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一「栄運の地位を高め、立脚の土台を堅からしめたるにあらずや」 〔李賀‐青花紫石硯詩〕
彫刻で、人体立像がコントラポストの姿勢をとる時の支脚をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立脚」の解説

りっ‐きゃく【立脚】

[名](スル)自分のよって立つ場をそこに定めること。立場を決めてそれをよりどころとすること。「人権擁護に立脚した措置」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android