コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因る/拠る/由る/依る ヨル

1件 の用語解説(因る/拠る/由る/依るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よ・る【因る/拠る/由る/依る】

[動ラ五(四)]《「寄る」と同語源》
(因る・由る)それを原因とする。起因する。「濃霧に―・る欠航」「成功は市民の協力に―・る」
(依る)物事の性質や内容などに関係する。応じる。従う。「時と場合に―・る」「人に―・って感想が違う」「成功は努力いかんに―・る」
(依る)動作の主体をだれと指し示す。「市民楽団に―・る演奏」
(依る)それと限る。「だれに―・らず文句を言う」「何事に―・らず好き嫌いが多い」
(依る)手段とする。「機械に―・る生産」「挙手に―・る採決」
(依る)頼る。依存する。「信仰に―・って生きる」「年金に―・って生計を立てる」
(拠る)根拠とする。「実験に―・る結論」「天気予報に―・ると大雨らしい」
(拠る)よりどころとする。のっとる。「法律の定めるところに―・る」
(拠る)根拠地とする。たてこもる。「城塞に―・って戦う」
[可能]よれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

因る/拠る/由る/依るの関連キーワード埋かる要る熟る修まる孵る近寄る似寄る這い寄る駆寄る擦寄る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone