因る(読み)ヨル

デジタル大辞泉「因る」の解説

よ・る【因る/拠る/由る/依る】

[動ラ五(四)]《「寄る」と同語源》
(因る・由る)それを原因とする。起因する。「濃霧に―・る欠航」「成功は市民の協力に―・る」
(依る)物事の性質や内容などに関係する。応じる。従う。「時と場合に―・る」「人に―・って感想が違う」「成功は努力いかんに―・る」
(依る)動作の主体をだれと指し示す。「市民楽団に―・る演奏」
(依る)それと限る。「だれに―・らず文句を言う」「何事に―・らず好き嫌いが多い」
(依る)手段とする。「機械に―・る生産」「挙手に―・る採決
(依る)頼る。依存する。「信仰に―・って生きる」「年金に―・って生計を立てる」
(拠る)根拠とする。「実験に―・る結論」「天気予報に―・ると大雨らしい」
(拠る)よりどころとする。のっとる。「法律の定めるところに―・る」
(拠る)根拠地とする。たてこもる。「城塞に―・って戦う」
[可能]よれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android