コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜宮童子 りゅうぐうわらし

大辞林 第三版の解説

りゅうぐうわらし【竜宮童子】

昔話の一。薪たきぎなどを水中に投じた貧しい男が竜宮に招かれて歓待され、土産に醜い童子をもらって帰る。その童子がいる間はその家は裕福になるが、去ってからは再び貧しくなるというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜宮童子
りゅうぐうどうじ

昔話。異郷から得た不思議な力をもつ生き物を主題にした宝物譚(たん)の一つ。男が正月の門松をとりに行く。淵(ふち)にカモがいるので門松を投げ付ける。淵から女が出てきて門松の礼をいい、水の中の家に案内する。男はそこで馳走(ちそう)になり、帰りに醜い顔をした子供を土産(みやげ)にもらう。子供は陰に置いてくれという。その日から米櫃(こめびつ)には米が、財布には銭がいっぱいになる。婆(ばば)が子供をみつけて箒(ほうき)でたたくと、泣きながら出て行く。またもとの貧乏になる。正月の行事と結び付いている例が多い。新年は現世と異郷との境がなくなり、自由に往来ができるときで、この世の人が死者の世界に招かれることもあるという信仰を背景にしているらしい。
 宗教性の強い昔話で、岩手県には、この子供の顔を仮面像につくって祀(まつ)ったのが竈地蔵(かまじぞう)(火の神)であるという伝えもあり、一方では座敷わらしの伝説とも重なり合ってくる傾向がある。海の神を「少童命(わたつみのみこと)」と書く例は『日本書紀』(720)にもあるが、日本には海神を幼い子供とする信仰の証跡は乏しい。中国では海神を「海童」と表現し、童形とする信仰があった。九州を中心にして、西日本には犬をもらってくる話が多い。全体の物語の展開は「花咲爺(はなさかじじい)」とその朝鮮・中国の類話「兄弟と犬」の中間の形式をとっており、「花咲爺」の形成の一段階を示している。竜宮からもらってきた犬が美しい女に変身するという話はモンゴルにもあり、「竜宮童子」の犬型の源流は、大陸部にあったと推測できる。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の竜宮童子の言及

【竜宮】より

… 日本の竜宮の観念の代表は,浦島太郎の訪れた竜宮城であって,美しい乙姫がおり,楽しい豪華な異郷である。このような竜宮観は昔話にも現れ,たとえば竜宮童子においては,爺が淵に柴をなげ入れたお礼に,淵の底の屋敷から来た竜宮童子は爺に富をもたらし,後に火男(カマド神)になったといい,竜宮女房では,花を水中に献じた男は,そのお礼として竜宮の美女を妻にもらうのである。他方において竜宮城は死者の国,ことに恨みをいだいて死んだ人々の集まる他界とも考えられ,《平家物語》巻11の安徳天皇入水の条にもそれが示唆されており,現代の民間信仰にも残っている。…

※「竜宮童子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜宮童子の関連キーワード座敷わらし竜宮伝説浦島太郎本格昔話玉手箱笠地蔵水中カメ竜宮土産昔話竜神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android