コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹下しづの女 たけした しづのじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹下しづの女 たけした-しづのじょ

1887-1951 大正-昭和時代の俳人。
明治20年3月19日生まれ。吉岡禅寺洞,高浜虚子師事,昭和3年「ホトトギス」同人となる。久保より江,杉田久女(ひさじょ)らとともに女流黄金時代をつくった。学生俳句連盟の機関誌成層圏」を指導。昭和26年8月3日死去。64歳。福岡県出身。福岡女子師範卒。本名は静廼(しずの)。句集に「颯(はやて)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹下しづの女
たけしたしずのじょ
(1887―1951)

俳人。福岡県に生まれる。本名静廼(しずの)。福岡女子師範学校卒業。教職につき、のち福岡市立図書館司書。1919年(大正8)吉岡禅寺洞(よしおかぜんじどう)に師事し、『ホトトギス』に投句。1928年(昭和3)同人となり、女流黄金時代をつくる。男勝りで、1938年より学生俳句連盟の機関誌『成層圏』を指導、金子兜太(とうた)、香西照雄(こうさいてるお)を育てる。1949年(昭和24)よりは九大俳句会を指導。句集は『颯(はやて)』(1940)、没後に『竹下しづの女句文集』(1964)がある。
 短夜(みじかよ)や乳(ち)ぜり泣く児(こ)を須可捨焉乎(すてつちまをか)[平井照敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竹下しづの女の関連キーワード竹下 しづの女緑陰・緑蔭香西 照雄しづの女忌平井照敏香西照雄昭和時代盆の月俳人短夜

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android