コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井照敏 ヒライショウビン

2件 の用語解説(平井照敏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひらい‐しょうびん〔ひらゐセウビン〕【平井照敏】

[1931~2003]俳人・フランス文学者。東京の生まれ。本名、照敏(てるとし)。はじめ詩人として活動。のち俳句に転じ、加藤楸邨(しゅうそん)に師事。俳誌「槙(まき)」を創刊、主宰。評論「かな書きの詩(うた)」で俳人協会評論賞受賞。フランス詩の研究や翻訳にも業績を残した。句集に「猫町」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平井照敏 ひらい-しょうびん

1931-2003 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和6年3月31日生まれ。はじめ詩と詩論を手がける。のち俳句に心をよせて加藤楸邨(しゅうそん)に師事し,昭和42年「寒雷」に入会。49年俳誌「槙槙」を創刊,主宰。62年「かな書きの詩(うた)」で俳人協会評論賞。48年青山学院女子短大教授。平成15年9月13日死去。72歳。東京出身。東大卒。本名は照敏(てるとし)。詩集に「エヴァの家族」,評論に「白の芸術」,句集に「猫町」「天上大風」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平井照敏の関連キーワードドイツ映画HomeStyle+科学技術ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAX井上財政

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone