コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹島幸左衛門 たけしま・こうざえもん

1件 の用語解説(竹島幸左衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

竹島幸左衛門

没年:正徳2.11.24(1712.12.22)
生年:生年不詳
元禄期,上方の立役の歌舞伎役者。初名日本左衛門。初期歌舞伎の名優日本伝助の子。弟に道外形役者竹島兵八がある。父のもとで修業をし,延宝年間(1673~81)には一時江戸に下ったが,その後は主として上方の舞台を勤めた。元禄の初めには,荒木与次兵衛,藤田小平次と共に立役の三幅対といわれた。元禄16(1703)年大坂で座本をしているときに,近松門左衛門よりも早く「曾根崎心中」の歌舞伎を上演し,丁稚長蔵を演じた。容貌がすぐれず,濡れ事,やつし事不得手であったが,「武道実事の開山」といわれ,名人として人々に親しまれた。2代目は養子が継ぎ,以後宝暦まで4代を数えた。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1期

(北川博子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹島幸左衛門の関連キーワード元禄歌舞伎上方歌舞伎歌舞伎役者古今節小詰金子吉左衛門猿若山左衛門(初代)杉山勘左衛門(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone