コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竺法蘭 じくほうらん Zhu-fa-lan

5件 の用語解説(竺法蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竺法蘭
じくほうらん
Zhu-fa-lan

中国,後漢の訳経家で,中国に仏教を伝えた最初の僧といわれる。明帝の永平 10 (67) 年にインド北方の月氏国から迦葉摩騰とともに仏法弘通のために中国に来た。明帝は洛陽に白馬寺を創建して住わせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じく‐ほうらん〔ヂクホフラン〕【竺法蘭】

中国に初めて仏教を伝えたといわれるインドからの渡来僧。後漢の明帝の時、洛陽白馬寺に住し、四十二章経などを漢訳した。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じくほうらん【竺法蘭 Zhú fǎ lán】

中国,後漢時代の仏教伝来期の伝説上のインド僧。インド仏教の中国伝来を権威づけるものとして後漢の明帝永平8年(65)の感夢求法説話は,後漢末年のころにはすでに《四十二章経序》,牟子《理惑論》などにおいて伝えられはじめられていた。南朝梁の僧祐《出三蔵記集》巻二において〈張騫,秦景が竺摩騰に遇って四十二章経を訳写した〉という話が付伝され,つづいて梁の宝唱《名僧伝》巻一と慧皎《高僧伝》巻一,訳経篇の冒頭において(迦)摂摩騰と竺法蘭の両伝が立てられ,彼らが《四十二章経》などを翻訳したことが付加されるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じくほうらん【竺法蘭】

中国に初めて仏教を伝えたといわれる伝説上の僧。インドの人で、後漢の明帝の頃、西域から招かれて洛陽に至ったという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竺法蘭
じくほうらん

生没年不詳。1世紀ころ、中国に仏教を伝えた最初のインド僧(伝説)。サンスクリット名はダルマラクシャDharma-raka。中インドの僧で、経論を誦(じゅ)すること数万章に及び、インド学者の師であった。67年(永平10)後漢(ごかん)、明帝(めいてい)のとき迦葉摩騰(かしょうまとう)とともに洛陽(らくよう)に至り、白馬(はくば)寺に住し、『四十二章経(しじゅうにしょうぎょう)』など5部を訳し、60余歳で寂した。5世紀ころから、仏教を伝えた最初の僧という伝説が定まった。[柴田 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竺法蘭の関連キーワード巣父禹域夏伯儀狄虞舜地皇唐虞八愷八元崑崙

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone