コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一原因 だいいちげんいんprōtē aitia; causa prima; first cause

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第一原因
だいいちげんいん
prōtē aitia; causa prima; first cause

アリストテレスの規定によると,「存在であるかぎりの存在」の運動と変化の究極原因としての「不被動の第一の動者」,第一形相として自己自身を思惟の対象とする思惟である神をさす。スコラ哲学,特にトマス・アクィナスに受継がれて重要な概念の一つとなった。 (→第一質料 , ノエシス・ノエセオス )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいいちげんいん【第一原因】

〘哲〙 アリストテレスの唱えた事物生成の根本原因。自らは不動にして他を動かす「不動の動者」で、これが神であるとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

第一原因の関連キーワードポイス(John Cowper Powys)アリストテレス哲学の基本概念イブン・シーナーアリストテレス神の存在の証明宇宙論的証明山崎 博昭消化性潰瘍自然の体系ブルーノ第一者能動季節

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第一原因の関連情報