コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等深線 とうしんせんdepth contour; bathymetric contour; isobath

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等深線
とうしんせん
depth contour; bathymetric contour; isobath

同深線。海や湖沼などの水面下の深さの等しい点を結んだ線。陸部の等高線に対する。港湾図,湖沼図,河川図などの水底の起伏を表わすのに用いる。等深線はおもりをおろしてはかった測深点の水深,音響測深機などの測定による線状の水底断面に基づいて描画する。海図においては,保安上の考慮から等深線は起伏の実形より,むしろ危険限界を示すものとなる。等深線の基準面は海図の場合,低潮面 (干潮面) を用いている。等高線は平均水面を基準面とするので,両者をあわせて表示する場合は高さの空白部が生じる。水界線 (岸線または汀線) はいずれも高潮線 (満潮線) を表わす。湖沼について,日本の地形図は湖沼ごとの平均水面からの等深線を表わしているが,スイスの地形図では陸地と同じ平均海面を基準とした等高線を示している。これを水底等高線 submerged contourという。国土地理院の2万 5000分の1沿岸海域地形図の海底地形もこの方法によっている。土地の起伏を等値線で表わす方法は,オランダの N. S.クルキュースが 1729年にアムステルダム付近におけるライン川の支流メルベーデ川の水路図に等深線を用いたのが初めであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうしん‐せん【等深線】

地図上で、水底の地形を表すため、水深の等しい地点を結んだ曲線同深線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうしんせん【等深線】

海や川の水深の等しい点をつらねて作った地図上の曲線。同深線。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等深線
とうしんせん

海底や湖底の起伏の状態を示すために、深さの等しい地点を連ねた線を海の基本図や湖沼図などの上に表したもの。陸上の等高線が平均海面からの高さを示すのに対して、海の基本図の等深線は略(ほぼ)最低低潮面(最低水面)からの深さを表すのが普通である(海図では水深のみで、等深線は表示されない)。また、湖沼図では等深線は平均水面からの深さで表される。国土地理院の縮尺2万5000分の1の沿岸海域地形図では1メートルごとの、湖沼図では5メートルまたは1メートルごとの等深線(主曲線)が描かれている。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

等深線の関連キーワードマルチナロービーム測深器沿岸海域土地条件図パラオドッガー・バンクコンターライト渦位の保存則炭量計算図ベンガル湾大陸棚条約サバ(鯖)田中阿歌麿沿岸航法表面波大陸棚名護湾敦賀湾

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等深線の関連情報