コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等深線 とうしんせん depth contour; bathymetric contour; isobath

4件 の用語解説(等深線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等深線
とうしんせん
depth contour; bathymetric contour; isobath

同深線。海や湖沼などの水面下の深さの等しい点を結んだ線。陸部の等高線に対する。港湾図,湖沼図,河川図などの水底の起伏を表わすのに用いる。等深線はおもりをおろしてはかった測深点の水深,音響測深機などの測定による線状の水底断面に基づいて描画する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうしん‐せん【等深線】

地図上で、水底の地形を表すため、水深の等しい地点を結んだ曲線。同深線。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうしんせん【等深線】

海や川の水深の等しい点をつらねて作った地図上の曲線。同深線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等深線
とうしんせん

海底や湖底の起伏の状態を示すために、深さの等しい地点を連ねた線を海の基本図や湖沼図などの上に表したもの。陸上の等高線が平均海面からの高さを示すのに対して、海の基本図の等深線は略(ほぼ)最低低潮面(最低水面)からの深さを表すのが普通である(海図では水深のみで、等深線は表示されない)。また、湖沼図では等深線は平均水面からの深さで表される。国土地理院の縮尺2万5000分の1の沿岸海域地形図では1メートルごとの、湖沼図では5メートルまたは1メートルごとの等深線(主曲線)が描かれている。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等深線の関連キーワード干拓船足水面下量水莕菜喫水浅水同深線表層水渡し船

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

等深線の関連情報