コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等温変化 とうおんへんか isothermal change

5件 の用語解説(等温変化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等温変化
とうおんへんか
isothermal change

温度を一定に保ちながら系の状態を変化させること。変化は準静的に行う必要がある。理想気体の場合,その圧力を p,比体積を vとすると,準静的な等温変化では,ボイルの法則 (pv=一定) が成り立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうおん‐へんか〔トウヲンヘンクワ〕【等温変化】

温度を一定に保ちながら進行する状態変化定温変化

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

等温変化【とうおんへんか】

物体の温度が一定に保たれながら行われる変化。物体に等温変化を行わせるには,十分大きい熱容量をもつ外界(恒温槽)に接触させ,準静的変化をさせる。理想気体の等温変化では(圧力)×(体積)=一定という関係が成立。
→関連項目カルノーサイクル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうおんへんか【等温変化】

温度を一定に保って行われる熱力学的な変化。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等温変化
とうおんへんか

温度が一定に保持されながら行われる変化をいう。等温過程ともいう。温度を一定に保持するのには、その温度の熱源に物体(または物体系、あるいは単に体系ともいう)を終始接触させておく。しかも温度一定という条件を十分高精度で実現するのには、体系における変化を十分長時間かけて、すなわち準静的に変化をおこさせる必要がある。このようなわけで、等温変化は実質的には可逆変化と考えることができる。
 理想気体の等温変化における圧力pと体積Vとの関係は、その状態方程式pV=nRTにおいて温度Tを一定とすることで、ただちにpVは一定であることがわかる。一方、断熱変化におけるpとVとの関係は、外部から吸収する微少な熱量d'Q=0という条件のもとでの熱力学的計算の結果、
  pVγ=一定
であることがわかる。ここに、γ=Cp/CVであって、Cp、CVはそれぞれp一定およびV一定のもとでの熱容量で、つねにγ>1である。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等温変化の関連キーワード液化凝固点潜熱熱電能恒温槽露点温度我乍ら定積変化熱膨張率恒温器

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone