コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等温変化 とうおんへんかisothermal change

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等温変化
とうおんへんか
isothermal change

温度を一定に保ちながら系の状態を変化させること。変化は準静的に行う必要がある。理想気体の場合,その圧力を p,比体積を vとすると,準静的な等温変化では,ボイルの法則 (pv=一定) が成り立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうおん‐へんか〔トウヲンヘンクワ〕【等温変化】

温度を一定に保ちながら進行する状態変化定温変化

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

等温変化【とうおんへんか】

物体の温度が一定に保たれながら行われる変化。物体に等温変化を行わせるには,十分大きい熱容量をもつ外界(恒温槽)に接触させ,準静的変化をさせる。理想気体の等温変化では(圧力)×(体積)=一定という関係が成立。
→関連項目カルノーサイクル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうおんへんか【等温変化】

温度を一定に保って行われる熱力学的な変化。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等温変化
とうおんへんか

温度が一定に保持されながら行われる変化をいう。等温過程ともいう。温度を一定に保持するのには、その温度の熱源に物体(または物体系、あるいは単に体系ともいう)を終始接触させておく。しかも温度一定という条件を十分高精度で実現するのには、体系における変化を十分長時間かけて、すなわち準静的に変化をおこさせる必要がある。このようなわけで、等温変化は実質的には可逆変化と考えることができる。
 理想気体の等温変化における圧力pと体積Vとの関係は、その状態方程式pV=nRTにおいて温度Tを一定とすることで、ただちにpVは一定であることがわかる。一方、断熱変化におけるpとVとの関係は、外部から吸収する微少な熱量d'Q=0という条件のもとでの熱力学的計算の結果、
  pVγ=一定
であることがわかる。ここに、γ=Cp/CVであって、Cp、CVはそれぞれp一定およびV一定のもとでの熱容量で、つねにγ>1である。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例