コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋性斜頸 きんせいしゃけい Muscular Torticollis

2件 の用語解説(筋性斜頸の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きんせいしゃけい【筋性斜頸 Muscular Torticollis】

[どんな病気か]
 赤ちゃんのくびの片側の筋肉(胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん))にしこりができて、筋肉が短縮するために、くびが横に曲がる病気です。
 こうしたことがおこる原因は、よくわかっていません。
[症状]
 生後1週間目くらいに、くびの片側に指先ほどの大きさのしこりができ、それが生後3週間までに、徐々に大きくなります。それ以後、しこりは自然に小さくなって、90%は1年以内に消えてしまいます。
 しこりが残ると、赤ちゃんは顔をしこりの反対側に向け、くびをしこりのほうに傾け、それぞれ反対側には動かしにくくなります。
 この状態が長く続くと、寝ぐせがついて、片側の後頭骨(こうとうこつ)が平らになり、顔がいびつになってしまいます。
[治療]
 90%は自然に治ってしまうので、赤ちゃんの間は、とくに治療の必要はありません。
 治るまで、頭や顔がいびつにならないように、寝かせ方を工夫します。向きぐせがあるほうの反対側におもちゃや窓などがあるようにします。
 マッサージをすると、しこりと周囲の組織の間に癒着(ゆちゃく)がおこって、自然治癒(ちゆ)をさまたげることが多いので、しないようにしましょう。
 1歳以上になってもよくならないときに、初めて手術を考えます。
 手術は、緊張している筋肉を鎖骨の上で切り離して、くびに矯正用のカラーをつける方法が行なわれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

百科事典マイペディアの解説

筋性斜頸【きんせいしゃけい】

斜頸のうち,胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の繊(線)維化による拘縮と短縮によって起こるもの。乳児期にみられる先天性斜頸の多くはこの筋性斜頸である。ほとんどの場合は自然治癒するが,それ以外は徒手による筋切り術や,胸鎖乳突筋の切断術を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

筋性斜頸の関連キーワード常位胎盤早期剥離赤ちゃん返り誤飲新生児にきび赤ちゃんどんちゃん騒ぎ何心地赤ちゃん言葉小っちゃい

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone