コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫楽 ツクシガク

3件 の用語解説(筑紫楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つくし‐がく【×筑紫楽】

雅楽の一種で、室町時代に九州久留米善導寺を中心に行われていたもの。箏曲(そうきょく)の筑紫流を生む母体となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つくしがく【筑紫楽】

日本音楽の種目名。北九州地方に行われた音楽,とくに寺院雅楽をいう。箏曲の源流である筑紫箏が成立する母体としての寺院雅楽が,善導寺をはじめとする北九州の寺院に行われていたとして,その総称としていう。ただし後代には,善導寺にのみ数曲が遺存していることを,18世紀末から19世紀初めの箏曲文献が記しているのみで,それを善導寺楽とも称しているが,箏以外の編成についての詳細は不明。【平野 健次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つくしがく【筑紫楽】

鎌倉時代から室町末期までの時期に北九州地方の寺院で行われた雅楽。筑紫箏つくしごとの源流となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑紫楽の関連キーワード九州地方三曲エスノ川入り北九州五平太東洋音楽日本音楽連子鯛九州地域戦略会議

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑紫楽の関連情報