コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫楽 ツクシガク

世界大百科事典 第2版の解説

つくしがく【筑紫楽】

日本音楽の種目名。北九州地方に行われた音楽,とくに寺院雅楽をいう。箏曲の源流である筑紫箏が成立する母体としての寺院雅楽が,善導寺をはじめとする北九州の寺院に行われていたとして,その総称としていう。ただし後代には,善導寺にのみ数曲が遺存していることを,18世紀末から19世紀初めの箏曲文献が記しているのみで,それを善導寺楽とも称しているが,箏以外の編成についての詳細は不明。【平野 健次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つくしがく【筑紫楽】

鎌倉時代から室町末期までの時期に北九州地方の寺院で行われた雅楽。筑紫箏つくしごとの源流となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

筑紫楽の関連キーワード筑紫箏・筑紫筝鎌倉時代塚本虚堂賢順

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑紫楽の関連情報