コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根空木 ハコネウツギ

デジタル大辞泉の解説

はこね‐うつぎ【箱根空木】

スイカズラ科の落葉低木。海岸近くに自生。葉は対生し、広楕円形でつやがある。5、6月ごろ、漏斗状で先が五つに裂けている花を多数つけ、色は白から紅色に変わる。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はこねうつぎ【箱根空木】

スイカズラ科の落葉低木。海岸近くに自生し、庭木ともする。葉は楕円形で対生する。五、六月、枝先や葉腋ようえきに漏斗形で先が五裂する花を多数つける。花は初め白色、次第に紅色に変わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

箱根空木 (ハコネウツギ)

学名:Weigela coraeensis
植物。スイカズラ科の落葉低木,園芸植物

箱根空木 (ハコネウツギ)

植物。フジウツギ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。フジウツギの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

箱根空木の関連キーワードニシキウツギ(二色空木)庭木葉腋

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android