コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米山梅吉 よねやま うめきち

2件 の用語解説(米山梅吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米山梅吉 よねやま-うめきち

1868-1946 明治-昭和時代前期の銀行家。
慶応4年2月4日生まれ。三井銀行にはいり,明治42年常務。大正13年三井信託を創立し初代社長となる。のち三井合名理事,三井報恩会理事長。またロータリークラブを日本に導入,私費で現在の青山学院初等部を設立。貴族院議員。昭和21年4月28日死去。79歳。江戸出身。アメリカのウェスレアン大卒。旧姓は和田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米山梅吉
よねやまうめきち
(1868―1955)

実業家、三井信託の初代社長。高取(たかとり)藩士の三男に生まれ、1887年(明治20)10月米山藤三郎の養子となる。沼津中学校や東京英和学校に学んだのち、87年末に渡米。オハイオ州ウェスレアン大学などにおいて政治学や文学を学び、95年帰国、日本鉄道会社に入社したが、97年三井銀行に転じ、1909年(明治42)には常務取締役に就任した。早くより信託業務の重要性を認識し、三井以外の諸財閥に働きかけ、出資を求めて、24年(大正13)三井信託を創立し初代社長になる。三井合名理事や三井報恩会理事長をも務めた。またロータリー運動を日本へ導入して、東京ロータリー・クラブをつくり会長に就任した。[杉山和雄]
『青山学院初等部編『米山梅吉選集』全二巻(1960・実業之日本社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米山梅吉の関連キーワード石川平蔵井上はな佐久間文吾四方竜文(7代)中辰之助中森孟夫原煕本田美禅真野文二村川堅固

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone