コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川正夫 よねかわまさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米川正夫
よねかわまさお

[生]1891.11.25. 岡山,高梁
[没]1965.12.29. 東京
ロシア文学者。 1912年東京外国語学校露語部卒業。陸軍大学校早稲田大学教壇に立ち,かたわら翻訳によるロシア文学の紹介,普及に尽力した。『ドストエーフスキイ全集』 (1951~53) をはじめ,トルストイ,ツルゲーネフらの作品に多くの名訳を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よねかわ‐まさお〔よねかはまさを〕【米川正夫】

[1891~1965]ロシア文学者。岡山の生まれ。単独で「トルストイ全集」「ドストエフスキー全集」の訳を完成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川正夫 よねかわ-まさお

1891-1965 大正-昭和時代のロシア文学者。
明治24年11月25日生まれ。陸軍大学校教授,早大教授を歴任。19世紀から現代にいたるロシア・ソビエト文学の主要作品のほとんどを翻訳し,日本文学におおきな影響をあたえた。昭和28年「ドストエーフスキイ全集」の翻訳で読売文学賞自伝に「鈍・根・才」がある。昭和40年12月29日死去。74歳。岡山県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よねかわまさお【米川正夫】

1891‐1965(明治24‐昭和40)
ロシア文学者。岡山県生れ。二葉亭四迷の仕事に刺激され,1909年東京外国語学校露語科に入学した。在学中に同級中村白葉らとロシア文学の翻訳活動を始め,昇曙夢(のぼるしよむ)の影響下にザイツェフらモダニズム作家を紹介した。旭川第7師団の語学教師となり,大蔵省嘱託としてロシアに行き,革命を見聞して帰国,のち陸軍大学校教授,早稲田大学教授,日本ロシヤ文学会の第2代会長など,公的な経歴も多彩であるが,ロシア文学の翻訳者として世界的に見て量的にも質的にもコンスタンス・ガーネットを凌駕する文学者として名を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よねかわまさお【米川正夫】

1891~1965) ロシア文学者。岡山県生まれ。東京外国語学校卒。ドストエフスキー・トルストイなどの作品を多数翻訳、日本におけるロシア文学受容の基礎を作った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米川正夫
よねかわまさお
(1891―1965)

ロシア文学者。岡山県生まれ。1912年(大正1)東京外国語学校(現東京外国語大学)ロシア語科卒業。明大、早大などでロシア語教師を勤める。14年ドストエフスキーの『白痴』『カラマーゾフの兄弟』の抜粋訳を出版後、ツルゲーネフ、ドストエフスキー、トルストイらの作品の膨大な訳業を残し、『ドストエーフスキー全集』(1954)の翻訳は日本の近・現代文学の発展に大きく寄与した。[草鹿外吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

米川正夫の関連キーワードカターエフ(Valentin Petrovich Kataev)白痴(ドストエフスキーの小説)雷雨(オストロフスキーの戯曲)検察官(ゴーゴリの喜劇)復活(トルストイの小説)クロイツェル・ソナタ米川 文子(初代)メレシコフスキー米川文子(初代)米川文子(1世)ピリニャークオブローモフ地下室の手記知恵の悲しみ露西亜文学米川 琴翁米川 敏子レスコーフ戦争と平和中村 白葉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android