コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糅飯 カテメシ

デジタル大辞泉の解説

かて‐めし【×糅飯】

量の不足を補うため、に麦・豆・大根海藻などをまぜて炊いた飯。かて
「新しい蚕豆の入った―」〈島木健作・続生活の探求〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かてめし【糅飯】

米に雑穀野菜・海藻などを混ぜて炊いた飯。◇「(かて)」とは、米を炊くときに量を増やすために混ぜるもの。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かてめし【糅飯】

米のほかに、雑穀や大根・芋・海藻類を混ぜて炊いた飯。かて。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の糅飯の言及

【飯】より

… ところで,日本では第2次大戦後までハレの日を除いては米に雑穀を加えたり,それらにダイコン,カブ,干し菜,干し芋,海藻などの増量材を加えて主食とした地域が多かった。こうした混ぜ物をして増量したものは糅飯(かごめし)と呼ばれた。糅飯の増量材を質的に変化させて嗜好(しこう)的なものにしたものが,変り飯,混ぜ飯,味つけ飯などと呼ばれるものである。…

※「糅飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

糅飯の関連キーワード海藻類

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糅飯の関連情報